ねこりすぺくと

ねこ(・ω・)、車、道路、悩み事などなど…いろいろ書きます。

≫ 編集

草木トンネル 本編②

お次はトンネル内部~出口以後にかけて注目します。

非常電話

非常時でなければ近づくことはない設備。
一般道になったなので近づくことができます。


ふむふむ…


でんわだぁ~

国道474号の証!

(現在地)
静岡県磐田郡水窪町奥領家
一般国道474号 草木トンネル
   51.02キロポスト 下り線


合併前の旧住所だー!!!
現在の地名は「浜松市天竜区水窪町奥領家」のようです。
同時に、一般国道474号である(であった)ことも証明しております。

トンネル内非常口

こんなに間近で見れるのはなかなか…。
ちなみにこの出口は、トンネル外・水窪側から見れるようです。
施錠されており、進入はできないようですが…。

今回は妻が眠そうにしていたので、そこまでの探索はしませんでしたw

巨大なイカの耳

トンネルを抜けると、右手に広大なスペースがあります。
次の道路を架けるために用意された区間、通称イカの耳です。
車の大きさにに対して、いかにスペースが大きいか…。

◆続きもありますよ~◆

| 珍しい道路 | 11:57 | コメント:0 | トラックバック:0 | ページトップへ↑

≫ 編集

草木トンネル 本編①

ようやく草木トンネルの本編に突入です。
ここからは出し惜しみしませんw

前編の最後、青崩峠の青看を過ぎると、すぐにこの景色が現れます。

自動車専用道の遺構群


門型橋脚


通過します


橋脚





橋脚群を抜けるといよいよトンネルが待ち構えています。

自専道の名残「キロポスト」


国道474号の名残

道路下には工事車両が止まっていますね。

◆続きもありますよ~◆

| 珍しい道路 | 18:45 | コメント:0 | trackbacks(-) | ページトップへ↑

≫ 編集

草木トンネル 前編

まずは探索の前日に宿泊した宿です。

昼神温泉 湯多利の里 伊那華

立派な宿です。


なんと天皇陛下まで宿泊されたと…
おもてなしが丁寧で本当に良い宿でした。
夕食はバイキングだったのですが、わざわざお寿司を握ってもらったり…すごい!


部屋から見える阿知川が綺麗!
露天風呂からも眺めることができ、とても解放感がありました。
(お風呂は気持ち良くて、3~4回入りましたw)

夜はせせらぎの音と、温泉宿の光で幻想的な雰囲気でした。




私たちは6月の上旬・平日に宿泊したので、2人で一泊2万520円でした。
格安で豪華な宿に泊まることができ、ラッキーでした!


さて、こんな素敵なところから魔界へと旅立ちましたw

国道153号

走りやすい国道です。

国道151号

建物が少なくなり、田舎の景色に。

◆続きもありますよ~◆

| 珍しい道路 | 19:05 | コメント:0 | trackbacks(-) | ページトップへ↑

≫ 編集

草木トンネル 導入編

新しい趣味、珍しい道路の記事第一弾は
静岡県浜松市にある草木トンネルです。


このトンネルは、静岡と長野をつなぐ三遠南信道という自動車専用道の一区間として造られました。

でも! 今は見捨てられたのです!!

この草木トンネルより先の区間が、地盤が脆いということが分かり、この草木トンネルはルートから外されてしまいました。
自専道ではなくなったということで、歩行者・自転車も通行できるよう一般道に格下げされました。
当初は国道474号でしたが、現在は国道152号に変更されています。
(国道474号だった証はトンネル内にありました)

このような生い立ちの悲しさと、山の中にいきなり出現する高規格道路という違和感から、有名なスポットです。
詳細な情報や周辺の走行動画もたくさんありますので、もっと知りたい方は別のWebで!?

ということで、私の旅行記でございます。

走行ルートGoogle Mapより

前日は長野県下伊那郡阿智村にある昼神温泉、その中の「伊那華」という立派な旅館に宿泊しました。

そこから国道153号 → 国道151号 → 国道473号 → 
国道152号 → 草木トンネル → 兵越(ヒョーごし)峠(※林道) →
長野県道369号 → 国道152号に復帰
というルートを辿りました。

※画像の地図上では、草木トンネルは兵越峠の少し手前にあります。
草木トンネルにアクセスするには、R152を長野側か静岡側のどちらから入るか選ばないといけません。
R152号は、長野側の青崩峠(この地名好き)に交通不能区間(この響き好き)があり、市道と林道で迂回しています。
よって、長野県側のR152が難易度高いです!

長野側のR152をチラ見せ

待避所が現れたぞ…ザワ…ザワ…

導入編でもこの長さ…今回はここまでです。

| 珍しい道路 | 22:25 | コメント:0 | trackbacks(-) | ページトップへ↑

≫ 編集

GC8インプレッサ 動画まとめ

蔵出し動画が増えすぎたので、一つの記事にまとめましたw

納車2週間・超初心者ジムカーナ

真の若気の至り!
納車して2週間後にジムカーナに挑戦しました。
初心者ゆえに限界をしらず、中盤に攻めすぎてドアンダー。
コースアウトしかけましたw

直管マフラーだったので、とーても良いボクサーサウンドでした。
何とな~くヒールトゥもできていました。

大学生最後のジムカーナ

ジムカーナデビューから2年たち、大学生最後のジムカーナです。
腕は…あまり向上しなかった模様w
頑張ってサイドターンしようとしましたが、ガラスのミッションの1速に入れられずに失速。
僅差で上位入賞を逃してしまいました…。

直管マフラーサウンド

直管マフラーサウンドです。大迫力でした。
今はもう付けられませんな~…本当に若さゆえ。
アイドリングから重低音の爆音!

マフラー音比較

手放す1ヶ月前、マフラーを新品に交換したときのものです。
JICのSpartan 505S
新品で4万円ほどだったかと…
当時は湯水の如くジャブジャブお金を使っていました。
後悔しかない…けどだから今がある。

パワーチェック 2014夏

SAB東雲にて、改造車乗りなら憧れる馬力測定を行いました。
結果…カタログ値達成の289PS!
素人では手に負えなくなる速さも、納得の数字でした。

シャシダイの作動音がすごいのと、全開からスピードダウンさせるときにブンブン吹かしてくれるのがカッコいい!
(運転はSABの店員さんです)

| インプレッサ(GC8) | 19:59 | コメント:0 | trackbacks(-) | ページトップへ↑

≫ 編集

インプへの未練…

手放した愛車を思い、恋しくなることはしょっちゅうあります。
もちろんヴィッツは気に入っています。
それでも…


毎週末ジャッキアップして、ここまで手を掛けた車はコイツだけ…


パーツを変えて、変化するのがとにかく楽しかった。
貯金の残高がなくなる寸前になっても、すぐには辞められなかった。

手放す直前まで、新品パーツを突っ込んでリフレッシュさせた。


無事に装着できて、一仕事終えたときの達成感は大きかった。
そしてその夜は、首都高に繰り出すというのがお約束だった。

◆続きもありますよ~◆

| インプレッサ(GC8) | 21:38 | コメント:0 | trackbacks(-) | ページトップへ↑

≫ 編集

好きなバンド②

前回は現在活動中の好きなバンドでした。
今回は、解散してしまいましたが私が絶賛ハマっているバンドのご紹介です。

UnsraW

※画像はGoogleの画像検索から転載。

大学生時代にも聴いていた(その時はまだ活動中)のですが、今年になって熱が再燃。

好きなところは、ボーカル:勇企さんのゴリゴリのデスボイス、解散ライブでのパフォーマンス。
ヴィジュアル系ならではの謎めいた抽象的な歌詞。
それからドラムのツーバスも心地良いですね。

最近は、解散ライブのパフォーマンスで元気(?)をもらっています。
元気というか殺気に近い感じですが…

解散ライブ

ライブの最後の曲として定番だった「嗤い鬼」という曲からスタートするようにしています。
解散ライブの様子は…もうメチャクチャになっていますね。

その中で、私の心に響いた言葉が以下の通り。
・掛かってこい
・後ろも前も関係ねーぞ
・ブチかましてこい
・恥ずかしがってんじゃねーぞ
・隣のヤツと勝負してみろ
・遠慮すんじゃねーぞ
・悔い残すなよ
・分かってんのか
・お前ら負けんなよ
・行けるよな?
・今だけを考えろ
・明日なんて忘れちまえ

仕事するとき、自分を鼓舞するためにこれらの言葉を心に浮かべています。
ここまで激しい気持ちにならないと、ストレスで潰れそうになるからです。

私なりに感じたのは、吹っ切れた人は強いなということです。

ボーカルの勇企さんは、非定型抗酸菌(肺炎の一種)という病気に掛かり、一時危篤状態になりました。
それから何とか回復し、活動再開するも、結局は解散ということに。
その過程の中で、色々と吹っ切れたのではないでしょうか…と想像します。

私自身も、ブログを始めた当初や、社会人になり始めたころに比べると色々と吹っ切れています。
だからこそ、上記のような激しい言葉に共感するのかなと思っています。

さてさて、以下はオススメの曲でございます。

◆続きもありますよ~◆

| UnsraW | 12:33 | コメント:0 | trackbacks(-) | ページトップへ↑

≫ 編集

3台目Japanese Cars

3代目なんちゃらにあやかろうとして、流行に乗り遅れました。
スミマセン。
そして2台目の愛車はGerman Carです、嘘も付きました。
スミマセン。

さて3台目の愛車、トヨタ ヴィッツRSでございます。
ディーラー認定の中古車、走行約5100kmのを購入。
新車みたいな距離ですよw

型式はNCP131, 世代は”3代目”です。(←これはホント)
ニヤリとした愛嬌のある顔の前期型。

ボディ色は特徴的なターコイズブルーマイカM
当初は白か青で選んでいたのですが、条件に合う車がなく。
青系だから良いやと決めましたが、今ではお気に入りです。

横から。

2ドアクーペ → 2ドアクーペ → 5ドアハッチバック
とレベルアップしました?
今までにない、ずんぐりむっくり感あります。

後ろから。

ブレーキ、スモールONで丸目が点灯します。
GT-Rみたいでスポーティ、さすがRSかっこいいです。

バンパー下部はディフューザー形状になっています。
インプのときからずっと憧れだった、バンパーに一体式!
何と自然で素晴らしいんでしょう!

ここで主要な諸元表、さらによく気にするところを表にしました。


ありがたいところ
初めてのレギュラーガソリン車です!
満タンにしても3000円ぐらい。安い安い…

あと軽さ!
もう20kg軽ければ重量税も1ランク下がったのに…
という軽量さで、ブリブリ走ります。
CLKのどっしり重厚な路線とは真逆で、気軽にどこでも行けちゃう感じです。

ありがたくないところ
小回りが効かない!!
この弱点は初代のRSから変わってないらしい…

歴代愛車の中でも5.6mという値は最悪ですw
狭いところでは結構切り返し必要です。
でも何故か許しちゃう・・・だからこそ初代から変わっていないのでしょう。

◆続きもありますよ~◆

| ヴィッツ(NCP131) | 22:56 | コメント:0 | trackbacks(-) | ページトップへ↑

≫ 編集

好きなバンド:SEVER BLACK PARANOIA

さて、近況報告をし尽したところで、最新のトレンドに乗ってみますw

社会人になってからハマっているバンド、
SEVER BLACK PARANOIA”が9/20に新譜を発売しました。

2009年から活動、ハードな曲調にピコピコ系の電子音を混ぜた、エレクトロコアというジャンルのバンドです。
このジャンルで有名なのはFear, and Loathing in LasVegasでしょうか。
自分もこのバンドから入りました…ってそれは置いといて。

CDは予約して特典のステッカーもゲット!
FLYING LEAP EP
やったぜ!

SEVER BLACK PARANOIAの特徴は…
・ボーカルDaisukeさんの強烈なデスボ(グロウル)
・ちょっと素朴な感じのクリーンボイスとの大きなギャップ
・ピコピコし過ぎない、バンド感も出ている
・ハードだけど、ハード過ぎない

以上から、聴いていて飽きないというところが魅力だと感じています。

パンピーが何語っとるんじゃと怒られそうですが、例えば

・最初っから最後までずっと叫んでる、シャウトできるのはすごい
・高音域までめっちゃ声出せることも、すごい
・テクニカルで複雑な曲調を演奏できるのも、すごい

すごいことだと思うけど、ずっと聴いていられるか?
というと、それは別のことだと思うのです。
(たまにはそういう”すごい”曲も聴きますけどね!)

その点、SEVER BLACK PARANOIAはバランスが非常に良いと思います。

「Phoenix」 MV(Youtubeより)

変化のヒジョーに激しい曲です。
前アルバムの「ELIZA」からテクニカルな感じが増しています。
それにプラスして、DJチックな感じがMIXされています。
ボーカルさんが最近影響を受けているもの、全てが入っていますね。

「Autumnal Gloom」 Lyric Video(Youtubeより)

個人的には、変化が少なく最後まで突っ走るこの曲が好みです。
最後までノリノリでいけますね。
計2名に向けた歌だそうですが、歌詞は意味深です。
私には分からない思いが込められているのでしょう…
真相は分からぬまま、ひたするら頭を振る…ヘドバンスルノデス…

◆続きもありますよ~◆

| SEVER BLACK PARANOIA | 22:20 | コメント:0 | trackbacks(-) | ページトップへ↑

≫ 編集

心療内科に通っています

爆弾発言③でございます。
心療内科と言えば響きはマイルドですが、いわゆる精神科ですね。
ここ半年ほど通院しています。

きっかけは結婚前のゴタゴタと、仕事での責任増加でストレスが掛かったことです。
仕事は今までもずっと残業多めでしたが、ちょっと事情が変わりまして。
というのは爆弾発言②に関連するのですが、実は社内恋愛からの結婚なのです。

同じ部署で同じような仕事をしていたのが出会いでしたが、それが後に苦痛に変わりました。
好きな人が自分よりも辛い仕事をしている、その景色を否が応でも見せられる、というのは非常に辛い状況でした。

辛い時期が続いたのは1年ぐらいでしょうか。
この間に心身に色々な変化がありました。

彼女(当時は)を守るべく攻撃的な性格になりました。
って前から愚痴っぽかったけど、実際に口に出して言うことは言うほどには変わったのです。
会社に抗議をして、彼女の状況は少し落ち着いたものの、今度は自分が疲労してしまいました。

毎日、体が重く気が沈んでしょうがなかったです。
また彼女のことはもちろん好きでしたが、社内では一切見たくない、という状態にまでなりました。
でも内心では、キツイ仕事をさせられているのではないかと、毎日お節介がましく気を巡らせてはどうにもならず、そして潰れていくというダメパターンに陥ってしまいました。

◆続きもありますよ~◆

| 通院 | 21:03 | コメント:0 | trackbacks(-) | ページトップへ↑

| ページ選択 | >> 次のページへ